知られざる年越しそばの歴史!そもそもいつから食べられるように?

正月蕎麦

知られざる年越しそばの歴史!そもそもいつから食べられるように?

 

 

 

そばは一般的な食事であるのと同時に、何かの締めくくりとして儀式的に食べられることも多いもの。

 

代表的なのが、1年の締めに食べる「年越しそば」ではないでしょうか。

毎年この時期は私たち本田商店も大忙し! 創業以来、この時期は変わらずに多くのおそばをお求めいただいています。

 

昔から現代においても一般的な年越しそばの文化は、そもそもどのようにして始まったのかご存知ですか?

 

 

年越しそばはどのように始まった?

釜揚げそばの写真

 

そばはもともと、そば粉を練って団子状にした「そばがき」の状態で食べられるものでしたが、江戸時代になってそばがきを細長く切った「そば切り」へと進化。

このそば切りが人気となって、市井の人々に食べられるようになりました。

 

その中でも特徴的な食べられ方のひとつが「三十日(みそか)そば」です。

1〜12月まで、だいたい月末が30日(または31日)であることに由来し、毎月の締めの日にそばを食べる風習がありました。

とくに商家では、売掛け金の回収をはじめ毎月の締め日にはやることが多かったため「1ヶ月おつかれさま」という気持ちも込めて丁稚さんたちに振舞っていたようです。

12月31日は、そんな三十日の締め日であり、なおかつ1年通しての締め日であることから「大晦日」と呼ばれるように。

 

これが現在まで続く年越しそばへとつながっていきました。

 

 

「大晦日の伝統行事。年越しそばや除夜の鐘の意味・タイミングって?」についての記事はこちら

 

 

 

じつはほかにも由来があります!

 

 

そば切りが一般化してからは、そばとは「細く長いもの」として認識されるようになり、さらにうどんなどと比べても「切れやすい」ことから、何かと意味付けされて食べられるようになっていきます。

現在でも「三十日そば」が由来というだけでなく、年越しそばにはさまざまな意味づけがなされています。

 

ひとつは「来年も細く長く生きられるようにとの願掛け」という説。

そば切りの細く長いという特徴を鑑み、来年もそばのようにしなやかで長く生きられますように、と願ったとのことです。

 

一方で、そばは切れやすい食べ物でもあるということから「1年の悪縁や苦労をきれいさっぱり切り捨てる」という意味合いもあるよう。

 

さらには鎌倉時代、福岡県のとある寺院では年越しできそうもない町人にそば餅を振る舞ったところ、翌年から運が向いたという伝説があるそうで、ここから年越しそばが始まったという説も。

 

また、金銀細工師がそば粉でつくった団子で飛び散った金粉を集めていたことから「そばは金を集めるもの」として金運アップの縁起物になり、1年の締めに願掛けとして食べられるようになったという説もあります。

 

「大晦日の伝統行事。年越しそばや除夜の鐘の意味・タイミングって?」についての記事はこちら→

さまざまな説はありますが…いずれも不詳

 

疑問の女の子

 

このように年越しそばという文化が根付いた説はいろいろとありますが、いずれも正式なものではありません。

年越しそば自体が食べられるようになった時期も不明。

1814年に書かれた「大阪繁花風土記」という書物で年越しそばを食べたという記述があるため、この頃には食べられていたようなのですが、もっと昔から文化があった可能性もあります。

 

 

由来も始まりも不詳ながら、現在でも12月31日がくると「年越しそばを食べなければ!」と思う人が多いことはなんとも面白いものです。

昔の人に想いを寄せつつ、今年の12月31日もおいしく元気に年越しそばを食べたいですね!