そばの薬味の中でも欠かせないねぎ!どんな種類がいちばん合う?栄養成分にも注目!≪そば 薬味 ねぎ≫

そばの薬味の中でも欠かせないねぎ!

どんな種類がいちばん合う?栄養成分にも注目!

 

そばに欠かせない薬味のひとつ「ねぎ」

 

白ねぎや九条ねぎ、万能ねぎに小ねぎなど種類も豊富です。

そんなねぎの中で、そばの薬味としてぴったりなのはどんな種類なのでしょうか。

ねぎの種類をはじめ、栄養成分やおいしさの秘密などにも迫ります!

 

 

ねぎは日本全国で親しまれ、種類も豊富

 

 

そばをはじめ、和食や中華でも薬味として用いられるねぎ。

コンソメで煮込んでスープにしてもおいしく、とても万能な食材のひとつです。

そんなねぎは日本各地で栽培され通年出回っていますが、じつは種類豊富で味わいがそれぞれぐっと異なります。

 

 

 

白ねぎ

 

スーパーなどでもよく売られているねぎで、最も一般的な種類といってよいでしょう。

主に白い部分が食用として用いられ、生で食べるとねぎらしい辛味を感じます。

一方煮込むとやわらかくなり、スープなどにもおすすめです。

 

 

青ねぎ

 

葉ねぎや万能ねぎともいわれる種類で、主に西日本で栽培されています。

白ねぎが太くて白い部分が多いのに対し、青ねぎは細くて緑色の部分が多いのが特徴。

ねぎ特有の香りがあり、薬味として重宝されるほか炒め物などにも用いられます。

 

 

九条ねぎ

 

青ねぎの一種で、京都の伝統的な野菜「京野菜」のひとつです。濃い緑色で一般的な青ねぎよりも少し太め。みずみずしく青々としたものが新鮮で、葉先までやわらかく口当たりもとても上品です。独特のぬめりがあり、薬味や鍋物など幅広く食べられます。

 

 

赤ねぎ

 

山形県・庄内地方の伝統野菜です。

 

白ねぎの白い部分が赤色になっているのが特徴で、スライスすると特有の赤みが出てとても美しいです。

やわらかなので火を通さずにサラダなどにする場合も多く、また薬味としても重宝されています。

 

そのほか、ねぎではないものの青ねぎにそっくりな「あさつき」や「わけぎ」などもあり、食感や風味が異なりそれぞれ食べ分けられています。

 

 

 

そばに適したねぎの種類

 

ざるそばでもせいろでも、またかけそばであっても、ピリリと辛味のあるねぎがそばの風味を引き立ててくれてとてもおいしいです。

ですので、生食でツンと辛味のある白ねぎが薬味として優秀そう。

 

白ねぎは、群馬県の「下仁田ねぎ」や、東京都の「千住ねぎ」、埼玉県の「深谷ねぎ」などが有名。

 

どっしりとした白い部分を細かく切ってそばつゆに入れ、そばとともにずるずるっと口に運べば、そばとねぎの香りがふんわり漂い口の中を幸せで満たしてくれることでしょう!

 

また福島県・会津地方には、お箸代わりのねぎでそばをすくい、そばを食べながら薬味としてねぎもガリリとかじる「ねぎそば」という食べ方も。

こちらのそばにも白ねぎが使われています。

 

ねぎでそばをすくえるものなの…!? と心配になりますが、ねぎの先がくるっと曲がっているため意外と上手にすくえるのだとか。

ただ薬味としてかじると、すくいずらくなるようなのでご注意を!

 

西日本では白ねぎより青ねぎのほうが一般的なので、ねぎの薬味としても青ねぎを使うそば屋さんが多いかもしれません。

そばの配合やつゆの味わいによってもベストなねぎは変わってくるので、お気に入りのそば屋さんでどんなねぎを使っているのか、観察してみても楽しいですね。

 

ねぎは栄養豊富!疲労回復にも効果あり

おいしいだけでなく、ねぎは栄養面においても優秀です。とくにねぎのニオイや辛味の元である「アリシン」という成分が見逃せません。

アリシンには殺菌や抗菌の効果があるとされており、さまざまな雑菌の繁殖を防いでくれるといわれています。また血管を広げて血行をよくし、発汗や利尿作用などデトックス効果につながるとも。さらに疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を助けてくれるので、豚肉や大豆などビタミンB1が多く含まれる食品と一緒に食べると、より健康効果が期待できます。

 

添え物というイメージの強いねぎですが、そばの風味を引き出してくれる名脇役!

 

栄養もたっぷりでぜひ積極的に食べていきたい食材です。

 

薬味として、またメインとして、いろんな食べ方でねぎを楽しみましょう!