そばの風味とつるっとした喉越しがたまらない!「そばそうめん」の魅力と食べ方 そばそうめん

そばの風味とつるっとした喉越しがたまらない!

「そばそうめん」の魅力と食べ方

 

二八そばや十割そばのほか、茶そばなど、そばの種類はたくさんあります。

 

中でも今回ご紹介する「そばそうめん」は、暑い季節にぴったりのつるつるっと食べやすいそば。

ゆで時間も少なく気軽に食べられるそばとして、贈答用などにもよく用いられている種類です。

 

 

そばそうめんってどんなもの?

 

 

そばそうめんとは「そば」「そうめん」を掛け合わせたような麺です。

そうめんをベースにそば粉を練りこんだものや、そばをそうめんぐらいの細さで打ったものなど、メーカーによって配合や作り方はさまざま。

 

特徴はつるつるっとした喉越しの滑らかさで、すいすいとスムーズに食べられるので、小さなお子様からご高齢の方までさまざまな方に楽しんでいただけます。

 

また細いのでゆで時間が少なくてすみ、乾麺だと約2、3分で出来上がります。食べたい! と思ったときにすぐにゆで上がりパパッとお腹を満たせる、そんな便利なおそばといえるでしょう。

 

 

そばそうめんが有名な地域

 

 

そばそうめんは日本各地のそばメーカーで作られており、さまざまな場所で買うことができますが、とくに名産品として売り出している地域は富山県です。

黒部産のそば粉を使った「黒部の糸」や、合掌造りの民家が立ち並ぶ里山・五箇山の新鮮な水を使って仕立てた「五箇山手わざそばそうめん」などが有名。

「五箇山手わざそばそうめん」は昔ながらの手延べ製法で作られた一本麺で、一般的なそばとはまたひと味違った風味や歯ごたえが楽しめます。

 

おすすめの食べ方1:シンプルにざるそばでつるり!

 

 

 

そばそうめんのいちばんの魅力は、つるりとした喉越しの良さです。

 

おいしさを存分に堪能するためには、やっぱりざるそばにしてそばつゆをつけ、つるっといただくのが良いでしょう。

袋のゆで時間通りにそばをゆでたあと、冷水でキュッと引き締めるのもお忘れなく!

わさびやネギなど、お好みの薬味を添えていただきましょう。

 

 

おすすめの食べ方2:おだしと薬味であたたかく

 

 

にゅうめんのような感覚でおだしにゆでたそばそうめんを入れ、薬味を散らしていただくのも

おだしのやさしい旨味とそばそうめんの風味が溶け合い、口の中でおいしいハーモニーが楽しめます。

おだしに溶き卵を入れ、かき玉状にしていただくとボリュームにも満足できます。

 

また卵黄をひとつ落とすと、こっくり感が増しておいしいです。

 

 

おすすめの食べ方3:おそうめんのように冷たくして

 

 

小麦後含量の多いそばそうめんなら、切れにくいのでさまざまなアレンジが可能です。

 

冷たいだし汁に氷を浮かべ、ネギ、ミョウガ、青じそに梅干しも乗せてさっぱり仕上げれば、夏の食欲のない時にもぴったり。

 

肉味噌を乗せて担々麺風にすれば、そばの風味と肉味噌のコク深い味わいが絡まって食べ応えがあります。

 

そばの力強さはそのままに、より滑らかにつるっといただけるそばそうめん。

 

そのままゆでてシンプルにいただくのはもちろん、アレンジ次第でさまざまな料理に活用できる優秀食材です。

さらっと食べられるので、とくに食欲が落ちがちな夏にぴったり! そばの新しいおいしさをぜひ発見してみてください。

 

本田商店のそばそうめん

暑い季節にピッタリ!

北海道で収穫された、丸々と太った小麦に島根県産のそば粉をプラス!

のど越しつるっと、暑い季節におススメです!

詳しくはコチラ!