そばがきの食べ方や作り方をご紹介!

知ってるようで知らない!

そばがきの食べ方や作り方をご紹介

 

そば屋で酒のつまみとして親しまれる「そばがき」。

そば粉を使った料理として麺状のそばよりも先に生まれた、歴史ある食べ物です。

そんなそばがきの誕生の経緯や、現代でのおいしい食べ方などをご紹介!

 

 

そばがきってどんなもの?

 

そばがきは、そば粉に湯を加えて練り混ぜ、塊にしたそばの団子のこと。

そば粉100%で作られることがほとんどです。

細長いそばよりも簡単に作れるとあって、そば産地などではおやつとしても親しまれている食べ物です。

そばがきの誕生は明らかになっていませんが、鎌倉時代には食べられていたのだそう。

というのも、この時期に中国から挽き臼が伝来し、そばを挽いてそば粉することができるようになったからです。

江戸時代の半ばまではそば料理といえばそばがきでしたが、団子状のそばがきを切って食べる「そば切り」が生まれてからは、現代のような麺状のそばが一般的になったととされています。

 

 

そばがきのバリエーション

 

そばがきは、そば切りのようにずるずるっと喉越しを楽しむものではなく、口の中でしっかりと噛んでそば独特の風味を楽しむ食べ物。

おいしく食べるためには、柔らかすぎず固すぎずの絶妙な硬さのそばがきに仕上げる必要があります。

 

そんなそばがきは、作り方によって「椀がき」「鍋がき」という2種類に分けられます。

 

椀がきは、そば粉に熱湯を注ぎ入れ、一気にかき混ぜて団子状に仕上げたもの。

全体がしっとりまとまれば出来上がりで、茹でたり蒸したりはしません。

出来上がったそばがきは、箸などで小さく取って醤油やそばつゆにつけていただきます。

 

薬味をトッピングしてもGOOD。

 

一方鍋がきは、鍋にそば粉を入れて水を加え混ぜ合わせた後に、鍋を火にかけてさらに練り混ぜながら仕上げます。

焦げ付かないように注意しながら練り混ぜるのがポイント。

出来上がったら形を整え、お湯をはった器に浮かせて完成です。

 

椀がきと同じく、箸などで小さく取り分けて醤油やそばつゆにつけ、薬味とともにいただきます。

 

 

郷土料理としてのそばがき

 

そばがきを少しアレンジしたような、昔ながらの郷土料理を2つご紹介。

ひとつは長野県の栄村と山ノ内町須賀川で食べられる「早そば」です。

これは鍋がきの要領で火にかけながらそば粉を練り上げ、少し固まってきたところで、茹でた千切り大根を加えて団子状にしたもの。

千切り大根がほどよい新鮮さとアクセントをプラスし、そばがきとはまた異なる風味が楽しめます。

 

長野県の選択無形民族文化財にも指定された「早そば」。ご家庭でも手軽に作れるので、ぜひトライしてみてはいかがでしょう。

 

ふたつめは、長野園松本市をはじめ、さまざまな場所で食べられる「そばがきしるこ」。

おしるこの餅をそばがきにしたもので、あんことそばの意外なおいしさが発見できます。

 

ぜんざいのように、煮詰めたあんをそばがきにかけてもおいしいです。

 

 

そばがきをおいしく食べよう!

 

そば切りは素早く食べないと伸びてしまうので、テーブルに運ばれたらすぐにいただくのがマナーですが、そばがきは伸びることがないため、ゆっくりと味わうことができます。

つまり、お酒のお供としてちょびちょび食べることができるというわけです。

 

日本酒や焼酎など好みのお酒と合わせて食べるそばがきはまた格別。そば屋さんで見かけたら、ぜひオーダーしてみてください!