そばのカロリーは低い?気になる“GI値”も含めてご紹介!

カロリー

そばのカロリーは低い?

気になる“GI値”も含めてご紹介!

 

一食分のそばには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。

炭水化物も多く含まれるので、ダイエットの観点からも気になる人が多いのでは?

今回は、そばのカロリーを探るのとともに、ダイエットに適しているのかもご紹介します。

 

そば一食分のカロリーって?

一食分をそば1束260gとすると、茹であがった時のカロリーは「296kcal」とされています。

 

ご飯一膳分がだいたい235kcalとされているので、ご飯茶碗大盛りと同等ぐらいだといえますね。

 

そばといえばヘルシーなイメージですが、じつはカロリー自体はそれほど低いというわけではありません。

カロリーが気になる方は、天ぷらそばなどは選ばずに薬味でシンプルにいただくのがおすすめ。

 

また、天かすなど油分の多いトッピングも控えたようが良さそうです。

 

「そばの栄養成分「ルチン」に迫る!生活習慣病の予防にも効果的ってほんと?」はこちら

 

 

GI値が低く、ダイエットにおすすめ

 

ダイエットを考える際、カロリーだけでなく糖質にも注意をしたいところです。

 

そこで指針となる数値が、糖質の吸収度合いを数字で現した“GI値”。

 

GI値が低ければ低いほど血糖値の急激な上昇が抑えられ、糖が溜めこまれずに脂肪となりにくいのです。

 

GI値が70以上の食品を高GI食品、56〜69の食品を中GI食品、55以下の食品を低GI食品としていて、一般的なそばのGI値は「54〜59」、低〜中GI食品といえます。

 

これは、うどん(うどんのカロリー)やパスタ、白米やパンなどその他主食類と比べてもぐっと低いGI値なのですよ!

 

なお54〜59と幅があるのは、十割そばや二八そば、更科そばや挽きぐるみといった種類や挽き方によって変わるから。

一般的には、白いそばより黒いそば、二八より十割のほうが低GI値となるようですね。

 

「おいしいそばとは二八?それとも十割?」はこちら

 

 

3食のうち1食をそばに置き換えてみては?

 

 

そばは、低GI食品であるのと同時に、栄養も豊富に含まれます。とくに食物繊維が多いのは注目すべきポイント。

低GI食品を食べると消化吸収がゆるやかになることが認められていて、

さらに糖分と食物繊維の働きで食欲を調節するホルモンも分泌され、満腹感の持続にも効果的なのだとか!

(参考:GIについて学ぼう「セカンドミール効果」って?

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/glycemic-index/second-meal/)

 

このように、そばはカロリーに関してそれほど低いといえないけれど、太りにくい食べ物であるのは間違いなさそうです。

 

おいしくヘルシーに食べられて、満足度も高いおそば。

 

毎日の食事1食をそばに置き換えるなど、ぜひ効果的に取り入れてみてはいかがでしょう!

 

「そばの栄養成分と期待できる効果!身体の中からキレイになろう」はこちら

 

 

日本三大そば

おすすめの美味しい出雲そばこちらから!