「恵方巻」と「節分そば」節分ならではの伝統食!

節分ならではの伝統食!「恵方巻」と「節分そば」を食べよう

 

2月3日の節分の日は、じつはかつておそばを食べる習慣がありました。

恵方巻きとともに、節分のお楽しみグルメのひとつとしてそばは食べてみてはいかがでしょう。

 

 

節分ってどんな日?

 

節分とは季節の節目のことをいい、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。

この季節の分かれ目には邪気が入りやすいといわれており、さまざまな邪気祓いが伝統的に行われていたようです。

鬼の面をかぶって豆で撃退するのも、そんな邪気祓いのひとつです。

 

というわけで、昔は節分とは年4回あるものでしたが、春から新年が始まった旧暦に基づいて、立夏・立秋・立冬に比べて立春がより一層大切な日という考えになっていきました。

それに伴って節分=立春の前日という認識に。

現代でも節分といえば2月3日が定着しています。

 

 

節分に食べる伝統食1:恵方巻

 

数年前から全国的に知られるようになった節分の日の「恵方巻」は、大阪の花街から発祥したといわれています。

花街での商売繁盛を願って食べられるようになり、七福神にちなみ7種類の具材を入れて巻き込むのが一般的なようです。

 

恵方巻は縁起物としての側面が強く、縁起をかつぐために食べ方にも3つのルールを設けています。

まずひとつめは「恵方を向いて食べる」こと。

神様がいらっしゃる方角を向いて、よそ見せずに食べなければならないとされています。

なお恵方は1年ごとに変わります。

 

 

ふたつめは「喋らずに食べる」こと。

食べ始めから食べ終わりまで一切話さずに食べれば、ご利益が得られるといわれています。

 

 

そしてみっつめが「1本丸々食べる」こと。

一般的な海苔巻きはひと口サイズに切って提供されるのが普通ですが、恵方巻の場合は1本丸々をがぶりと頬張るのがルール。

休むのもあまりよろしくなく、食べ始めから食べ終わりまで一気に食べきるのがよいとされています。

 

「そばの旨味を引き出す薬味「のり」は、栄養たっぷり!」はこちら

 

 

節分に食べる伝統食2:節分そば

写真は「にしんそば」

 

恵方巻ほど浸透してはいませんが、じつはそばも節分の際の伝統食として食べられています。

これは、冬から春へと季節が変わる立春が1年の始まりだという考えに基づいています。

春のスタート・立春の前日である節分の日が”年越し”と認識され、「年越しそば」として食べられていたようです。

 

 

 

江戸時代後期以降は1年の始まりは1月1日という認識が広まり、年越しもそれに伴い12月31日に。

 

年越しそばも12月31日に食べるのが一般的になりました。

 

現代では、節分にそばが食べられていたという歴史に基づいて「節分そば」と改めて名付けられ、2月3日の節分の日にそばを食べる文化が少しずつ普及しているようです。

 

なお、節分そばには恵方巻のようなルールはとくになく、節分の日に食べさえすればどんな食べ方でもOK。

具材も決まりはなく、好きな具材をトッピングすればいいようです。

 

 

「お楽しみ!年越しそばの人気のトッピングとは?」はこちら

 

 

節分の日に食べられる恵方巻と節分そばは、どちらも縁起物。

1年の幸せを願って、大切に食べていきたい伝統食です。

おいしくて幸せを呼び込む恵方巻と節分そば、ぜひ毎年取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

無病息災を願って島根の神社でご祈念いたしました。

節分そば ↓↓↓↓↓↓