食品添加物の安全性や表示方法を知って安心できる食生活を!

技術の進歩によりたくさんの食品添加物が用いられるようになった現代。

 

おいしそうに見えたり実際においしく食べられたり、また長期間の保存を可能にしたりと、食品添加物にはさまざまな利点があります。

 

一方で、科学的に合成された添加物って本当に体に安全なのだろうか? という疑問も沸き起こります。

食卓の危機に陥らないためにも、正しい取捨選択が必要です。

 

食品添加物って本当に安全?

 

 

食品添加物は、食品衛生法にて「食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するもの」と定義されています。

この中には、合成された添加物のほか、天然の着色料であるシソの葉っぱやクチナシなども含まれます。

 

食品添加物がない時代には、市場に並ぶのは生鮮食品がほとんど。

 

保存がきく食品といえば漬物や干物、缶詰ばかりでした。

そんな中登場した保存料は、長期間おいしく食べられるよう食品の腐敗や変色を防いだり、食中毒のリスクを軽減したりと、一般家庭にとってなくてはならない存在に。

 

 

その後レトルト食品や冷凍食品などの加工食品も生まれ、腐敗しにくい食品が安価に手に入れられるようになっていきました。

 

日本の食品添加物は厚生労働大臣が認可したものだけが使われ、安全性と有効性は科学的に評価されています。

 

けれども、食品パッケージの裏の成分表に聞き慣れない名称が並んでいると、本当に大丈夫? と不安に思うのもまた事実。

実際、海外では使用禁止の添加物が日本では使用可能とされている場合もあり、つい気になってしまうものです。

 

 

食品添加物の表示についてのポイント

 

 

添加物を使用した場合には、原則として物質名での成分表示が義務付けられています。

 

けれどビタミンCや重曹など認知度の高い名称であれば、L-アスコルビン酸など物質名の表示をしなくてもOKとなっています。

このように、「表示」において知っておきたいポイントをピックアップします。

 

 

■一括名で記載できる

複数の組み合わせで効果を発揮する成分にかんしては、個々の成分を表示する必要はありません。

(ex)イーストフード、ガムベース、かんすい、香料、酸味料 など

 

■表示を省略できるものがある

食品の加工の過程で加えられても、

・完成前に除去される

・原材料に起因し、食品中に通常含まれる成分と同じ成分に変えられ、その成分量を増加させない

・量が極めて少なく、食品に影響を及ぼさない

という条件を満たせば表示をしなくてもよいとされています。

 

■用途の併記が必要な場合もある

甘味料、着色料、保存料、増粘剤、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防カビ剤の8種類は、とくに消費者の関心が高い添加物です。

このため、使用目的や効果も併記するよう定められています。

(ex)甘味料(サッカリンNa)、着色料(赤色3号) など

 

 

気にしておきたい添加物

 

厚生労働省で認可された食品添加物であっても、海外では使用不可だったり、病気のリスクが高まる可能性もあるなど、実は気になる添加物もあります。いくつかご紹介してみましょう。

 

■アステルパーム

ダイエット甘味料として使われ、低カロリー飲料やゼリー、チョコレートなどに使われています。

動物実験により白血球やリンパ腫など、安全性に疑問が残る甘味料です。

 

■赤色104や黄色4などタール系色素

漬物やかまぼこ、派手な色のお菓子などに使われる着色料です。

EUの大手メーカーでは子どもの注意欠乏多動性障害との関連が疑われるとして、タール系色素から6種類を除外しています。

 

■防かび剤

レモンなど輸入かんきつ類に使われる農薬です。

発がん性や催奇形性などに異常が見られると報告があったようです。

 

■グリシン

アミノ酸の一種で日持ち向上剤としてコンビニ弁当やおにぎりなどに用いられます。

動物実験において筋緊張の消失と一過性の完全麻痺が起こったほか、食塩の過剰摂取にも繋がる添加物です。

 

安全だと発表されているものであっても、表示をきちんと確認したり、海外の状況と比較したりすることで、また違ったものが見えてきます。

毎日の食事にどのように添加物が用いられているか、知っておくことはとても大切ではないでしょうか。

 

食卓の危機に陥らないためにも、安全で実りある食生活を心がけていきたいですね。