【健康に悪影響?】残留農薬とはどんなものなのか?

殺虫剤や除草剤、抗菌剤など、食物を効率よく育てるために用いられる農薬。

 

これが食品の中に残ってしまうことを「残留農薬」といいます。

 

普段食べるものの中に農薬が残っているなんて、なんだか怖いような気がしてしまいます。

今回はそもそも残留農薬ってどういうもの? というところをご紹介していきます。

 

 

農薬はなぜ使用されているのか

 

農林水産省によると、農薬とは「農作物に害を及ぼす虫や病気を退治したり、雑踏を枯らすために使われる薬剤などのこと」とあります。

 

害虫を退治するための「殺虫剤」、農作物に有害な微生物を退治する「殺菌剤」、雑草を枯らす「除草剤」など、さまざまな用途で用いられます。

 

農薬を使う理由は、農作物を安定的に供給するため。

日本のような気候で農業をする場合、農薬を使わずに農作物を育て上げるのは難しいものです。

また広大な敷地で害虫退治や草むしりなどを人の手で行うのはとても大変で、コストもかかり、最終的に消費者の元へと届けられる際に価格が上がってしまいます。

 

農薬を使うことでそれらのコストを抑えられ、効率よく農作物が育てられるようになるわけです。

 

 

農薬を使ってもいい量は決められている

 

一見しただけでは少し物騒なイメージを持つ農薬ですが、日本では人の健康や環境を考慮し、使用してもいい農薬が認められています。

 

農薬が体に取り込まれたときにどんな毒性がどれほどあるか、遺伝子を傷つけてガンを引き起こす可能性があるか、胎児への悪影響はあるか、農作物への残留はどの程度か、などがその調査対象です。

 

そして国が認めた農薬をどれぐらい使っていいのか、その使用基準もまた国が定めています。

1回に使っていい量や使用回数、収穫の何日前まで使えるのかなどが定められています。

 

 

残留農薬の検査も徹底されているが…

農薬の物質を分析したり、動物を用いた毒性試験などを行ったりして、食品安全委員会による評価がなされます。

そして健康への悪影響がない「一日許容摂取量」を設定。

これに基づき、食品の残留基準を設定しています。

 

国内で流通する食品に関しては、国内産・海外産問わずに自治体や国が残留農薬の検査を行って管理。

基本的には「一日許容摂取量」を超える量の農薬を毎日一生とり続けなければ、健康への悪影響はないとされています。

 

ただし、長期的にではなく一日に大量に農薬をとった場合には、健康への悪影響が想定されます。

このため、一日摂取許容量に加えて「急性参照容量(24時間以内に経口摂取した場合に健康に悪影響を示さないと推定される一日あたりの摂取量)」による基準制度が設けられることになりました

 

今後はすべての農薬に急性参照容量が設定されることになるようです。

 

 

 

ポストハーベストも気になる

 

農作物の生育中に飛散される農薬に加えて、最近では収穫後の農産物に散布する「ポストハーベスト農薬」も注目されるようになりました。

これは諸外国の農作物を日本に輸入する際、カビの発生や害虫被害を防ぐ目的で使用されます。

日本においてはポストハーベストは「残留農薬」の項目ではなく「食品添加物」に該当し、添加物として指定を受けたものしか使用できません。

また食品衛生法によって表示が義務付けられています。

 

このように、基本的には問題ないと考えられる残留農薬やポストハーベストではありますが、海外から輸入される農作物はこれに当てはまらない場合もあり、「絶対に安心」と断言するのは憚れられるところ。

 

小さなお子様やご老人など、抵抗力の低い方に残留農薬やポストハーベストが散布された食品を食べさせ続けるのは、やはり控えたいものです。

 

気になる場合には皮をむいて食べるようにしたり、流水でよく洗ったりと対策をしつつ、できればオーガニックや無農薬などの食品を積極的に選ぶようにしたいものですね。