大晦日の伝統行事。年越しそばや除夜の鐘の意味・タイミングって?

大晦日の伝統行事を改めて知ろう。

年越しそばや除夜の鐘の意味・タイミングって?

 

12月31日の大晦日、皆さんはどんなことをして過ごしますか?

年越しそばを食べたり除夜の鐘をついたり、日本には大晦日ならではのさまざまな伝統文化が根付いています。

大晦日にまつわる伝統文化を改めて理解し、新年を気持ちよく迎えましょう!

 

どうして大晦日というの?

 

12月31日を「大晦日」と呼ぶようになった理由は、もともと毎月の末日を「晦日」と呼んでいたから。

1年の締めくくりである12月31日は晦日の中でもスペシャルであるということで“大”を付けて「大晦日」としたようです。

大晦日はかつては正月行事のひとつであり、歳神様を祀るという意味があったそうです。

現代では1日の始まりは朝ですが、昔は夜に始まるとされていました。

そのため大晦日はすでに1年の始まりの日であり、一晩中起きて歳神様を迎えるのが一般的だったよう。

早く寝ると早く年を取るとされ、白髪やシワができるなどともいわれていたようです。

 

 

大晦日にはこれをすべし!日本の伝統行事

 

大晦日に行うべき行事ごとがいくつかあります。

1年をねぎらい、新年に向けての気持ちを高める大晦日。

縁起をかつぐための行為をはじめ、伝統的な行事ごとをご紹介します。

 

年越しそばを食べる!

 

 

大晦日の代表的な食事のひとつが「年越しそば」

細く長いものの象徴であるそばに願いを託し、「細く長く過ごせるように」と年越しそばが食べられるようになりました。

 

そのほかにも、そばは切れやすい食べ物だたからこそ「1年の悪縁を断ち切る」という意味を込めて食べられたり、金銀細工職人が金粉を集めるのにそば餅を使っていたことから「お金に縁があるように」と食べられたりと、さまざまなゲン担ぎの意味が込められているようです。

 

 

なお、年越しそばを食べるタイミングはいつでもよく、具材も好きなものでOK。

さらにかけそばでももりそばでも問題ありません。

昼食でも夕食でも夜食でも、また年明けでも、好みのそばを楽しみましょう。

一般的にはそばの具材はゲン担ぎの意味を込めて、縁起のいいエビの天ぷらなどが人気のようです。

 

除夜の鐘をつく

 

 

大晦日の夜から24時を過ぎ、元日にわたってつく鐘のことを「除夜の鐘」といいます。

除夜の鐘は108回つくのが基本とされており、これは人間の煩悩の数が108つあるという仏教の教えに基づきます。

 

本来なら厳しい修行を経ることで煩悩を祓いますが、一般の人でもお寺にある「梵鐘(ぼんしょう)」という鐘をつくことで煩悩を祓うことができるのだそうです。

1年の終わり、大晦日に108つある煩悩を一気に祓ってしまおうというわけです。

なお、108つの由来は煩悩の数であるほか、四苦八苦=4×9と8×9を足した数という説もあるようです。

大晦日のうちに107回つき、最後の1回を元日につくというのが正式な除夜の鐘のつき方ですが、現代では希望者に合わせて108回以上つく場合もあるのだそうです。

 

神社で行う大祓(おおはらい、おおはらえ)

 

日本の神道儀式のひとつで、1年のうち6月と12月の末日に行います。

半年分についた穢れを落とすための行事で、とくに12月31日の大晦日に行うものを「年越の祓」と呼んでいます。

白紙で人型をつくって川や海へ流したり、かがり火を焚くなどして穢れを祓い、健康と厄除けを願います。

 

そのほか、大晦日の夜に入るお風呂は1年の汚れを落とす意味を込めて「年の湯」と呼ばれるなど、大晦日は日本人にとってとても神聖な日です。

年越しそばを食べて、穢れを祓い、新鮮な気持ちで新年を迎える。

日ごろ忘れてしまいがちな日本の伝統文化を、この日だけは思い出してみてもよいかもしれませんね。