御中元のマナーを知ってとっておきのギフトを贈ろう!

御中元のマナーを知ってとっておきのギフトを贈ろう!

気になるやめどきについてもご紹介

 

 

 

日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈る御中元。

 

だいたい7月初旬から8月15日までに贈るのが良いとされており、7月に入るとそろそろ今年の御中元はどうしようかと悩み始めますよね。

 

御中元を贈る際のきちんとしたマナーはご存知ですか? 贈り方や気になるやめどきなど、覚えておきたいポイントをご紹介します。

 

 

御中元ってそもそもどんなもの?

 

 

御中元は、じつはもともと中国で行われていた風習です。

 

中国で盛んな道教では、1年のうち旧暦

 

1月15日を「上元(じょうげん)」、

7月15日を「中元(ちゅうげん)」、

10月15日を「下元(かげん)」

 

とする雑節があります。

 

上元に小豆粥を食べるとその年の疫が避けられるといわれ、中元には一日中火を焚いて神を祝い、下元には先祖の霊を祀っていたそうです。

 

この風習が日本へと渡り、とくに「中元」がお盆の行事として定着。

 

江戸時代には先祖への供物に加えてお世話になった方へ贈り物をする行事へと変化していったのだそうです。

 

中元の時期は地域によって異なり、関東では7月15日、関西では8月15日が一般的。

 

御中元を贈る際にはちょうどこの日でなくてもよく、さらに遅れてもとくに問題はないようで、月初めから15日頃までに贈ればよい、という認識が一般的です。

 

 

知っておきたい御中元のマナー

 

 

贈り先の定番は、会社の上司や兄弟・親戚など普段お世話になっている方。

 

必ずしも贈る必要はなく、あくまで気持ちの問題となります

 

結婚している場合にはお互いの実家の両親へ贈ったり、遠く離れた親戚の家に贈ったりと、独身のときよりも贈る機会が多くなることが多い傾向にあります。

 

なお会社によっては御中元を禁止している場合もあります。

例えばトヨタ自動車なら、2018年にトヨタに部品や設備を納入する企業などがトヨタの役員らに御中元やお歳暮、昇進祝いを贈る慣習をやめるよう要請しています。

 

 

贈る場合にはのしが必要で、持参する場合には外のし、配送の場合には内のしが多いです。

 

持参する際には風呂敷に包み、先方の前で風呂敷包みを解いてお渡しするのが正式なマナーとなっています。

 

 

御中元にぴったりなギフトについて

 

 

真夏に贈るものなので、清涼感のあるギフトがおすすめです。

 

とくにそばやうどん、そうめんなど、冷たくてつるっと喉越しもいい麺類は御中元の定番。

 

普段スーパーなどではあまり手に入らない産地にこだわった麺類なら、特別感もあり喜ばれることでしょう。

 

またゼリーやジュース、フルーツも人気のギフト。

 

ゼリーなら爽やかな見た目も相まって、パッケージを開けた瞬間の華やかさはピカイチです。

ほかにはビールなどのお酒類や、先方が好きなものを選べるカタログギフトなども◎

 

金額は3,000円〜5,000円が一般的です。

 

 

やめどきってあるの?

 

 

結婚後には仲人さんに贈るのがマナーとされていますが、やめどきがいつかというのは明文化されていないのが現状です。

 

そろそろやめたいなと思ったら、どのようにやめるのが失礼にあたらないのでしょうか。

 

 

まず仲人さんへの御中元については、一般的には3年がめどといわれています。

 

3年経てば、贈らなくとも先方は気に留めないことでしょう。

 

それ以外、毎年贈り続けている方へもそろそろやめたい場合、急にぱったりとやめてしまうと先方も「何かあったのかな?」と心配になってしまうので、配慮が必要です。

 

御中元とお歳暮をどちらも贈っているご家庭なら、まずは御中元をやめてお歳暮だけにしてみましょう。

 

その後お歳暮の価格を徐々に下げていき、最終的に年賀状や暑中見舞いなどお便りだけを贈って感謝を伝える、というように、やめる兆しを見せるのがベターです。

 

 

慣習ではあっても、相手先への感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

せっかくの贈り物、義務感だけではなく「喜んでいただきたい」というとっておきの心で、特別なギフトを選びたいものですね。

 

本田商店のおそばも、ぜひそんな御中元の贈り物にいかがでしょう!

 

 

本田商店のギフトはコチラ!

 

日本三大そば「出雲そば」とは