松江城での観光を格上げする3つのアクティビティ

島根の有名な観光スポットのひとつ「松江城」。

 

2015年7月に国宝に指定され、国宝の中でも唯一の「正統天守」ともいわれています。

 

島根の誇りでもある松江城で、観光の際にぜひ楽しんでいただきたいアクティビティをご紹介します。

 

 

国宝「松江城」を楽しむ!

1607年に築城を開始した松江城。

 

豊臣秀吉、徳川家康の2人の天下人に仕えた堀尾吉晴(ほりおよしはる)と、子の忠氏(ただよし)によって築城されたお城です。

 

その特徴は、全国で現存する12天守のうち、正統天守ともいわれる佇まい。

しゃちほこをはじめ、展望台・司令塔の役割をもつ望楼式(ほうろうしき)や、桃山時代の様式を継承する入母屋破風(いりもやはふ)など、見事なディテールを今に残しています。

 

そんな松江城は見学するだけでも面白く興味深いものですが、より楽しく巡れるようなアクティビティもいくつか存在します。

 

観光に訪れた際には、そんなアクティビティも体験してみてはいかがでしょうか。

 

「島根・松江市で訪れたい観光スポット!松江グルメも満喫」はこちら

 

 

 

1.優雅な気分でお堀を行く堀川めぐり

 

松江城のお堀は築城と同時に造られ、一部は埋め立てられているものの、今もその姿を残しています。

 

「堀川めぐり」はそんなお堀を遊覧船でめぐることができるアクティビティ。

全長約8m、幅約2mの小さな船に乗り、狭い水路もギリギリで通っていきます。

 

また低い橋の下を通るときには屋根が下がり、ちょっとしたスリルも楽しいもの。

船頭さんは、松江の歴史や観光スポットなどを案内してくれ、旅情気分も盛り上がります。

 

 

また季節によって風景や仕様が変わるのも「堀川めぐり」の特徴です。

 

7〜8月は「風鈴船」が運航し、風鈴の音色を聴きながら城下町を眺める風情豊かなひと時を。

秋には夜間運航があり、ライトアップを楽しみながらの運航。

 

冬は「こたつ船」を運航し、豆炭を使ったやぐらこたつに入りつつ、澄み渡った冬の空気が堪能できます。

 

 

遊覧時間は約50分で、9:00から20分間隔で運航。

 

料金は中学生以上1,500円、小学生800円となっており、一日乗船券なのでその日なら何回でも乗り降りできるのがうれしいです。

 

「島根の宝!美肌湯として知られる「玉造温泉」を旅しよう」はこちら

 

 

2.忍者の格好や着物姿で松江城散策

 

松江着物レンタル「堀川小町」さんが提案しているアクティビティで、忍者の姿や好きな着物を着付けてもらって松江城などを散策できるプランです。

 

築城当時の風情がしっかり残る松江城は歩いているだけでも雰囲気たっぷりですが、着物姿で歩けばさらに入り込めそう。

 

お子様は忍者に、大人の方は着物姿に変身して、松江城観光に繰り出したいですね。

 

 

1日着物レンタルで忍者なら2,200円、女性の着物なら4,400円(いずれも税込)。

前日17時までに予約する必要があります。

 

「島根をとことん旅しよう!島根おすすめ観光地をツアー形式でご紹介。」はこちら

 

 

3.堀川沿いでガラスアクセサリー作り体験

 

松江は、魔除けのお守りとして知られる「勾玉」の産地として知られています。

 

カラコロ工房「あとりえgtp」さんでは、勾玉作りやガラスアクセサリー作り体験ができ、20種類以上の天然石から好みのものを選んで、自分だけの勾玉アクセサリーが作れます。

 

勾玉のほかにも、純銀台ガラスアクセサリー作りやガラスフォトフレーム作りなどもあり。

 

堀川めぐりの乗船場も近くにあり、観光の合間に訪れるのもぴったりです。

 

 

勾玉作り体験は40〜60分ほどで、ネックレスなら大人1,500円(税込)〜。

 

松江城近くで魔除けのお守り作りなんて、とってもパワーがみなぎりそうですね。

 

松江城観光とともにアクティビティを楽しみ、心に残るひと時を過ごしてください!