血糖値の急激な上昇が太りやすい体質へ!?そばと血糖値の関係

食事に悩む女性

血糖値の急激な上昇が太りやすい体質へ!?そばと血糖値の関係

 

高カロリー食事

 

健康的な食生活やダイエットなどにおいて、「血糖値」が高いか低いかはとても重要視されています。

 

というのも、血糖値が高い状態が続くと糖尿病になるリスクが高まったり、さまざまな合併症を引き起こしたりするほか、急激に上昇すると太りやすくなるという結果もあるからです。

 

今回はそばと血糖値の関係についてご紹介していきます。

 

 

 

そもそも血糖値とはどんなもの?

 

食事に悩む女性

 

血糖値とは血液内のブドウ糖の濃度を示す値のこと。

食前・食後で値は変動し、基本的には食べると血糖値が高くなり、お腹が空くと下がります。

 

食べ物を食べるとすい臓からインスリンというホルモンが分泌され、これによって血液内のブドウ糖が身体の細胞へと取り込まれ、身体を動かすエネルギー源となります。

そして身体の細胞へ取り込まれなかった余分なブドウ糖はグリコーゲンへと姿を変え、肝臓や筋肉に蓄えられていきます。

一方、お腹が空くと肝臓や筋肉に蓄えられたグリコーゲンがブドウ糖に変換され、エネルギー源となってくれます。

 

生蕎麦バナー

 

 

血糖値が上がると太りやすくなる原因

 

食後の血糖値を下げるために分泌されるインスリンには、血中のブドウ糖を脂肪に変換する働きも持っています。

血糖値が緩やかな上昇をして緩やかに下降するという健康的な食事なら問題ないのですが、急激に上昇するとインスリンが過剰に分泌。

体内に脂肪を溜め込みやすくなってしまうのです。

 

このため、血糖値を急激に上昇させないような食事を心がけることがとても大切。

 

健康的な食生活や生活習慣病を防ぐ目的でも、血糖値がどんな状態なのかは毎日心がけたいことです。

 

 

主食はそばがおすすめです!

蕎麦

 

一般的に血糖値が上がりやすいといわれているのは、炭水化物が多いもの。

 

これはいわゆる「主食」と呼ばれるもので、ご飯やパン、麺類などが当てはまります。

 

「じゃあ主食は食べずに、おかずや野菜だけ食べればダイエットになるのでは」と考えがちで、一時は「糖質抜きダイエット」なども流行りましたが、それでは健康的とは言い難いのが正直なところ。

 

炭水化物を食べないでいると栄養バランスが悪くなるのはもちろん、ボーッとしたりやる気が出なくなったりと、さまざまな弊害があります。

炭水化物はきちんと摂取しながら、食べ過ぎに気をつけてとるのがとても重要なのですね。

 

そんな健康的な食生活を実践する上でおすすめの炭水化物は、ずばりおそば! おそばは炭水化物の中でも比較的血糖値が急激に上がりにくい食材として知られ、主食として食べるのに適しているといわれています。

 

天ぷらそばなどは脂肪分が高くなるので、ダイエットにいいとはいえませんが、ざるそばやかけそば、山菜そばやわかめそばなど、シンプルなおそばや脂肪分の少ないトッピングを選べば実に健康的。

血糖値の急激な上昇を抑えられ、おいしく食べつつ健康へと誘います。

 

「栄養価が高くて風味も豊か!田舎そばが好きになる」についての記事はこちら

 

 

とはいえ小麦粉含有量の多いおそばは…

 

スーパーなどで販売されているそばのほとんどは、つなぎとしてそば粉に小麦粉を加えて仕立てられています。

「そば」と謳われていても、中には小麦粉の含有量のほうが多いものもあり、こういったおそばはうどんなどと同じく血糖値が上昇しやすいのでご注意ください。

 

購入される際に、品質表示を見て「小麦粉」がいちばん最初に出てきていたら小麦粉含有量が多い証です。

また、生そばより乾麺のほうが比較的小麦粉含有量が多いので、どちらか迷ったら生そばを選ばれるのが良いかもしれません。

 

外食時などにも、うどんかそばかを選べる場合にはそばを選択してみるなど、ちょっとした心がけからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

「人気あるうどんのカロリーは高い?糖質の吸収を穏やかにする食べ方もあります!」についての記事はこちら

 

 

生蕎麦バナー