これが日本の三大そば!人気の「戸隠そば」って知ってる? 魅力や特徴をご紹介!

日本三大そば 戸隠そば(長野県)

 

日本三大そば「戸隠そば」って知ってる? 魅力や特徴をご紹介!

 

今回は、日本三大そばの、「戸隠そば」のご紹介です。

 

戸隠そばの始まり

 

戸隠そば(とがくしそば)は、長野県で食べられる信州そばの一種で、主に戸隠地区で製造されているおそばです。

戸隠地区には創建2,000年余りの歴史的神社「戸隠神社」があり、平安時代には多くの修験者がこの地に集まりました。

その際、修行僧の携行食料として戸隠村にそばがもたらされ、江戸時代にそば切りへと進化。

参拝客にふるまうのが通例となったことで、全国的に広まったといわれています。

 

 

戸隠そばってどんなもの?

 

そば殻だけを取り除いて挽いた“挽きぐるみ”というそば粉を使用し、綿棒1本を使って丸く延ばして仕上げるのが特徴。

甘皮を取らずに挽いているため、見た目は黒っぽく、食べるとそばの香りがぐっと引き立ちます。

 

ぼっち盛りを楽しもう

 

戸隠そばのいちばんの特徴が「ぼっち盛り」という独特の盛り方です。

これは、根曲がり竹で作られた円形のざるに、そばを5束または6束に分けて盛ること。

一束一束を“ぼっち”と呼ぶそうなのですが、なぜそんな呼び名がつけられているのかは不明なのだそうです。

 

一説によれば、戸隠神社ゆかりの神々「九頭龍新(くずりゅうしん)」「天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)

「天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)」「天表春命(あめのうわはるのみこと)」

「天細女命(あめのうずめのみこと)の5柱にちなんで5束に盛られ、地域によってはこれに地蔵堂を加えて6束としているのだとか。

 

薬味には戸隠大根を用い、長野の味覚・山菜などとともにいただくことが多いようです。

そばの水を切らずに盛ることが多く、表面は水で濡れてツヤツヤ。なんとも食欲をそそります!

 

神秘を感じる戸隠へ!

 

毎年11月上旬には戸隠神社にて「蕎麦献納祭」が行われます。

そば職人が白装束を身にまとい、収穫したばかりの新そばを神様にお供え。

戸隠そばを大切に思っている神社とそば職人たちの想いが、しんしんと伝わってくる儀式です。

 

戸隠は、ほかにも忍者の伝説や歴史を感じる神社山道の杉並木、風景が湖面に映る神秘的な鏡池など、魅力的なスポットがたくさんあります。

戸隠そばを楽しみながら、日本の神秘の源泉にほんの少し触れてみるのはいかがでしょう。

 

これが日本の三大そば!

 

出雲そば(島根県)

戸隠そば(長野県)

わんこそば(岩手県)

 

をそれぞれ紹介しています。