「出雲そば」-日本三大そば-出雲のお土産にもおすすめ

割り子

「出雲そば」-日本三大そば-出雲のお土産にもおすすめ!

 

蕎麦畑

出雲そばと言えば黒っぽい見た目のいわゆる田舎そば。

 

殻がついたそばの実をそのまま挽く製法のため、色、栄養価、香り、風味、食感が強く出る事が特徴です。

 

 

日本三大河川や日本三景、日本三名泉など、日本を代表するものを「三大○○」などと表しますが、

 

そばにも“日本三大”があることはご存知ですか? 日本三大そばとは、岩手県の「わんこそば」、

 

長野県の「戸隠そば」、そして島根県の「出雲そば」。それぞれ古くから各地で大切に受け継がれ、食べられています。

 

「観光にぴったりの出雲大社とその周辺スポットをご案内」はこちら

 

 

 

関東そばつゆ

出雲そばは黒っぽく、香りと風味が強い

 

 

一般的なそばに比べて、出雲そばは黒っぽい見た目をしています。

 

これは殻がついた“玄そば”と呼ばれるそばの実を、そのまま挽いて仕上げる「挽きぐるみ」や「一本挽き」という製粉方法を行い、そばの実が丸々練り込まれるため、食感やコシが楽しめ、そばの風味もぐっと際立ちます。

 

お客様より「玄そばで挽いたそばがいちばん!」

というお声をいただくこともあります。

 

ぜひこの香りと風味、食感を味わって感じてみてはいかがでしょうか?。

 

「おいしいそばとは、二八そば?それとも十割そば?」の記事はこちら

 

 

出雲そばの食べ方って?

 

割りこ

 

出雲そばの食べ方

出雲そばは、大きく分けて2つの食べ方があります。まず1つめは「割子そば」といってそばを入れた丸いお重を3段ほど重ねたもの。

 

これは江戸時代、松江の人たちがお重にそばを入れて持ち運び、野外で食べたことに由来します。

 

食べ方

そばつゆをつけて食べるのではなく、そばが入ったお重の中につゆと薬味も入れ、ずずっと頬張るのが特徴。

いちばん上のお重を食べ終わったら残ったつゆを2段目のお重にかけ、2段目が終わったら3段目にかけ、と最後までつゆを使いまわします。

 

器ごとに薬味をかえ、味の変化を楽しむことができるのも特徴的ですよね。

 

2つめは「釜揚げそば」といって、茹で上げたそばを水で締めずに器に入れ、そば湯やつゆ、薬味とともにあつあつの状態で食べるもの。

 

「出雲大社参拝の歴史と寄り添う「釜揚げそば」。香りも風味も抜群のアツアツな一杯!」はこちら

 

 

屋台でそばを食べる風習があり、その際水で締める手間を省いたことに由来します。

 

そば湯とつゆの割合を自分で調節できるので、好みの味わいでいただけるのがポイント。

とろみのあるそば湯とつゆの相性は抜群で、ほっこり和むおいしさです。

 

温蕎麦

 

出雲そばの美味しさを全国に

 

地元の人はもちろん、観光客からも愛される出雲そば。

 

風味がよく、噛むごとに広がるそばの力強い味わいは、そば好きでない人も虜にしてしまう美味しさです。

 

出雲そばがいただけるそば店は、出雲市内や奥出雲町にたくさんあります。

 

お店によって味わいも食感もまったく異なるので、観光で訪れた際には食べ歩きしてみることをおすすめします。

 

 

出雲そばをご自宅で味わうこともできます。各地域のおそばを食べ比べしてみてもいいですね。

 

日本三大そばのひとつ、出雲そばのおいしさをぜひ堪能してください!

 

他にも、日本三大そばの戸隠そば(長野県)」「わんこそば(岩手県)」をそれぞれ紹介しています。

 

 

日本各所の美味しいおそばをご紹介

 

白河そば:福島県で食べられる「白河そば」のルーツや特徴について。

深大寺そば:東京・調布のご当地そば!「深大寺そば」を食べてひと息つこう

出石そば:“但馬の小京都”兵庫県・出石町で食べられる「出石そば」

越前そば:福井県の郷土料理「越前そば」

へぎそば:新潟・魚沼のへぎそばは、つなぎも薬味もひと味違う?