引っ越しが決まったらやるべきこと。そばを手土産にご近所へ挨拶に!

引っ越しをしたときには、ご近所との関係性を良好にするためにも引っ越しの挨拶をするものです。

先方の迷惑にならない時間帯を選び、マナーを守って挨拶を行いたいところ。

 

どこまで挨拶をすべきなのか、何を伝えればいいのか、引っ越しそばをはじめ手土産の定番はどんなものかなど、引っ越しの挨拶にまつわるマナーを知っておきましょう。

 

そもそも引っ越しの挨拶はすべき?

 

引っ越し先のご近所さんとは、これから同じコミュニティで生活することになります。

 

引っ越しの挨拶をすることは自分がどんな人物なのかを知ってもらういい機会ですので、ぜひ積極的に行いたいものです。

 

これまで住んでいた旧住まいと、これからお世話になる新住まい、どちらの近所にも挨拶しておくのがベターですが、新住まいのみ挨拶するという人も多いため、忙しい場合には引っ越し先の近所だけでも行いましょう。

 

ただし、ひとり暮らしの女性は引っ越しの挨拶をしなくてもよいとされています。

というのも女性がひとりで暮らしていることを公にすることで、犯罪被害に繋がる可能性があるためです。

知り合いのマンションや社員寮など特別な場合を除き、挨拶は控えたほうが良いでしょう。

 

 

10〜17時に、そばを手土産にして伺うのが◎

 

 

引っ越しに伴う騒音などを事前に知らせておくためにも、できれば引っ越し前に済ませておくのが良いようです。

相手先も、何日にどんな人がやってくるかを事前に知っておけば、多少バタバタしても「今日は○○さんの引っ越しの日だな」と理解でき、安心できます。

 

挨拶時に世間話など長々と話す必要はなく、引っ越し日、引っ越し先、引っ越し当日の騒音のお詫び、家族構成程度を簡潔に伝えればOKです。

 

「今後ともどうぞよろしくお願いします」

 

と真摯に伝え、手土産を渡して手短に切り上げましょう。

 

 

挨拶に行く時間帯は、相手先の迷惑にならないよう、朝の支度が落ち着き夕ご飯の準備を始める10時〜17時の間が良さそうです。

 

不在の場合は再び訪問するか、挨拶を書いた手紙をポストに投函しておきます。

 

持参する手土産は、500円〜1,000円程度に。

 

食品のほかは洗剤など、後に残らないものがおすすめです。

 

中でも引っ越しそばは定番の手土産

 

そもそも引っ越し時にそばが食べられるようになったのは、江戸時代に「末長くおそばにいられるように」と、”蕎麦”と””をかけたことが始まり。

伝統的なスタイルで「細く長く、良いお付き合いを」との気持ちを込めて、相手先に贈りましょう。

 

 

挨拶に行く範囲はどこまで?

 

戸建ての場合

向こう3軒と両隣の家に挨拶をするのが基本です。

 

昔から「向こう三軒両隣」という慣用句があるため、その位置に該当している相手先へ挨拶に行かないと、「ほかの家には挨拶があったのかな?」「うちは避けられているのかな」と不安に思わせてしまう恐れもあります。

 

また住宅地で家が隣接している場合には、裏のお宅にも挨拶に行くと良いでしょう。

 

近所づきあいはさまざまなシーンで出てくるので、最小限に留めるよりは多く挨拶に行っておくほうが、その後の人間関係も築きやすいことでしょう。

 

集合住宅の場合

生活音が響く恐れのある左右・上下の部屋に挨拶に行きます。

マンションに常駐する管理人さんや大家さんがいる場合には、何かとお世話になることも多いため、挨拶しておくのが良いでしょう。

 

 

準備も当日も大変な引っ越しですが、きちんと挨拶をして人間関係を良好に築くこともとても大切です。

おいしい引っ越しそばを手土産に、「よろしくお願いします」と朗らかに挨拶したいものですね。