食品添加物って?日本と世界の状況を比較したい!

食べ物の色味をよく見せたり、長く保存ができるようにしたりと、さまざまな理由で食品添加物は用いられています。

 

厚生労働省が認めた摂取量内であっても、それが科学的に合成されたものであれば、量にかかわらず「体にとってやさしいものかどうか」は気になるポイントですよね。

 

そもそも日本ではどれほどの添加物が認められているのでしょう。

 

海外の事情と比較してご紹介します。

 

 

食品添加物とはどんなもの?

 

食品添加物は、厚生労働省の定めによると「保存料や甘味料、着色料や香料など、製品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもの」。

 

加工や保存において添加されることで、長くおいしく食べられるようしたり、旨味がしっかりと感じられたりとさまざまな利点があり、今日の豊かな食生活を形作ってきました。

 

ただし科学的に合成された食品添加物も多く使用されているのが現状です。

これらは食歴史にはない新しく作られた添加物ということで、厚生労働省による厳正な調査を経て「人の健康を損なわない」と認められたものだけが流通しています。

食品添加物の種類は大きくわけて4つ

 

1つが「指定添加物」といってソルビン酸やキシリトールに代表されるように、安全性を評価した上で厚生労働大臣が指定したもの。

 

2つめが「既存添加物」といって日本にてすでに使用され長い食経験があるものの例外的に指定を受けることなく使用・販売が認められたクチナシ色素や柿タンニンなど。

 

3つめがバニラ香料やカニ香料など動植物から得られる天然の物質「天然香料」。

 

4つめがイチゴジュースや寒天など一般的に飲食に供されているもので添加物として使用される「一般飲食物添加物」。

 

令和元年6月6日現在では、指定添加物が463品目、既存添加物が365品目、天然香料が約600品目、一般飲食物添加物が約100品目、それぞれ認定されています。

 

 

食品添加物の認可数、日本と海外で比較可能?

 

海外と日本の食品添加物についての比較は、単純に品目数だけで考えることは難しいのが現状です。

というのも長年の食生活や制度の違いによって、添加物の定義や対象食品の範囲、さらには使用可能な量なども異なっているからです。

 

なお品目だけで比較してみると、日本の食品添加物は828品目(指定添加物・既存添加物のみ)に対し、アメリカだと1,612品目となり、日本のほうがぐっと少なく感じます。

ただし1,612品目の中には果汁やお茶など日本ではカウントされない品目が含まれていたり、日本では1品目となるものがアメリカでは物質ごとに指定され計数十品目となるものがあったりと、国によって基準がさまざま。

 

一概にどちらの国が多い/少ないと言いにくいのです。

 

(参考URL:厚生労働省HP「添加物規制に関する国際比較」

https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000520598.pdf)

 

 

 

日本で認可された添加物が海外では使用禁止!?

 

一方、日本では安全とされ使用可能であっても、海外では使用禁止となっている食品添加物も多々あります。

例えば「赤色2号」という着色料。

日本ではゼリーや清涼飲料水などに使用されているのですが、アメリカやEU諸国では発がん性やじんましんなどのリスクが高まるとされ、使用禁止や使用制限がかかっています。

またショートニングやマーガリンを使用したパンや菓子に含まれる「トランス脂肪酸」には、心筋梗塞や脳卒中、認知症などのリスクが高まるとしてアメリカをはじめ台湾やカナダ、イギリス、スイスなどで禁止または使用制限がかかっています。

 

日本で作られる食事は安心・安全と思いがちですが、実はそうではないという面が見えてきます。

 

もちろん日本での使用量は厚生労働省が指定した分量以下のため体に悪影響はないという結果が出てはいますが、あまりいい気分はしないものですね。

 

 

添加物の少ない食品を選んで食べよう

 

食べたもので体は作られ、さまざまな部位を動かすエネルギーにもなります。

だからこそ、できるだけ添加物の少ない食品を食べ“体にやさしく”を心がけたいところ。

食品添加物は食品パッケージの成分表に記載することが義務付けられています。

購入時には何が添加されているのか必ずチェックするようにし、より健康的な食生活を実現しましょう。

 

 

↓↓↓ 食品添加物不使用のそばはコチラ! ↓↓↓