日本三大うどんとは? 讃岐うどん、稲庭うどん、あとひとつは何?

日本三大そばといえば

 

島根の「出雲そば」

岩手の「わんこそば」

長野の「戸隠そば」

 

がお決まりですが、では「日本三大うどん」とはどんなものが挙がるのでしょう。

 

調べてみると、”三大”には留まらない、多様なうどんの世界が見えてきました。

 

 

うどんは「日本三大○○」に当てはまらない?

日本を代表する飲食物や風景、祭りなどには「日本三大○○」と冠がつけられていることが多々あります。

 

国内の専門機関が認定したものかどうかはものによって異なりますが、だいたいはローカルな目線での”三大”であることが多いよう。

 

そんな中、「日本三大そば」が出雲そば、わんこそば、戸隠そばであることは認知度も高く、一般的にも広く浸透しているのではないでしょうか。

 

ではうどんはというと、実ははっきりしていないのが現状なのです。

 

 

三大うどんのうちの2つは確定しており

 

ひとつが

香川県の「讃岐うどん」

 

もうひとつが

秋田県の「稲庭うどん」

 

となっています。

 

 

ただしあとひとつが拮抗していて、群馬県の「水沢うどん」、長崎県の「五島うどん」、富山県の「氷見うどん」、愛知県の「きしめん」のいずれかということに。

 

各地それぞれ日本三大うどんのひとつだ、としてアピールしているようです。

 

「人気あるうどんのカロリーは高い?糖質の吸収を穏やかにする食べ方もあります!」はこちら

 

 

 

讃岐うどんの特徴

 

讃岐うどんは「うどん県」としてもPRしている香川県の名物。

 

コシが強く喉越しがよいこと、そしてもちもちっとする弾力、さらに透き通ったいりこ出汁が特徴です。

 

讃岐うどん独特の強いコシは、足踏みという製法によって作られています。

 

これは生地を手でしっかりとこねてから、足で踏みながらぐっぐっと圧をかける製法のこと。

 

足踏みを行うことで、讃岐うどんならではのコシが生まれるのだそうです。

 

単に硬いだけの麺になってしまわないように、足踏み後に生地をゆっくり休ませることでほどよい弾力が加わり、コシともちもち感が備わるのだといいます。

 

 

また、カタクチイワシを使用した甘い風味のあるいりこ出汁もまた讃岐うどんの魅力のひとつ。

 

麺に出汁をかけて、天かすやネギをトッピングしたシンプルな「かけうどん」は、最もスタンダードであり、店の個性も楽しめる逸品です。

 

「うどんの歴史を深掘りすれば謎多き背景が見えてきた!」はこちら

 

 

稲庭うどんの特徴

 

秋田県の名物、稲庭うどんは、讃岐うどんとは違い「手延べ製法」で作られるのが特徴です。

 

これは生地を練ってから撚りあわせ、延ばしていく製法で、讃岐うどんのような手打ちうどんよりも細めに仕上がります。

 

実はこの稲庭うどん、江戸時代からお殿様に献上されていたというとても高級なうどんで、世間一般に公開されたのは昭和47年のこと。

 

それまでは、作られてはいたけれど一般的に食べられることもなかったといいます。

 

 

滑らかな口当たりと爽快な喉越しが特徴で、シンプルにつゆに付けていただくのがおすすめ。

一般に流通されるものは乾麺ですが、一部アンテナショップなどでは半生麺を購入することもできるようです。

 

「うどん、そうめん、ひやむぎの明確な違いって何?」はこちら

 

 

 

候補4つのうどんの特徴

■水沢うどん

群馬県・伊香保の名物で、その歴史は伊香保にある水澤寺にて参拝客に手打ちうどんを振る舞ったことに始まります。

讃岐うどんのようなしっかりとしたコシと弾力が特徴で、茹でて冷たくし「ざるうどん」で食べるのが一般的です。

 

 

■五島うどん

中国から伝わったという長崎の五島うどん。

稲庭うどんと同じく手延べ製法で、椿油を表面に塗って細長く延ばして作ります。

茹でても伸びにくく、地元では麺を茹でた鍋をそのまま食卓に置き、溶き卵やつゆに付けて食べる「地獄炊き」という食べ方が定番です。

 

 

■氷見うどん

手延べ製法ながら、讃岐うどんや水沢うどんのような手打ち製法も取り入れることで、独特のコシと弾力、まるでお餅のような食感が生まれます。冷たくしても温かくてもおいしく食べられます。

 

 

■きしめん

一般的なうどんに比べて幅が広く、薄い形状が特徴です。

コシは弱くツルツルっと滑らかに食べられ、茹でると透明感もアップ。

やわらかながらほどよい弾力も持っています。

きしめんにはパンチのある濃いめのお出汁がよく合います。

濃厚な味付けの汁にツルツル麺の組み合わせが愛されています。

 

 

そばと同じく、うどんも日本各地でさまざまな発展を遂げ、地方ごとに異なるおいしさがあります。

 

食べ比べして味や食感の違いを楽しみたいものですね!

 

「そば 有名店 日本三大そばの有名店6店舗をご紹介!このお店さえ押さえておけば間違いなし」はこちら