自宅でも絶品のそばを楽しむ。そばのゆで方を習得!

お店で食べるのはもちろん、自宅での昼食や夕食、夜食として食べるのにもぴったりなそば。

おいしく食べるには、適切なゆで方でそばをゆでた後に冷水で締め、そばつゆに浸してつゆごとずるずるっとすするべし!

 

おいしいゆで方を知っていれば、さらに味わい深いそばが楽しめますよ。

 

 

そばがうまくゆでられない理由

 

せっかくおいしいそばを買ってきても、ゆで方がいまひとつならそのおいしさは発揮されにくいもの。

 

自分でゆでたそばを食べて、「なんだか粉っぽい気がする」「そばの表面が溶けているような気がする」と感じたことがある方は、ゆで時間に気をつけたほうがいいかもしれません。

 

十割そばであっても二八そばであっても、またそれ以上小麦粉含有量の多いそばであっても、おいしくゆでるためにはコツがあります。

 

ぜひおいしいゆで方を意識して、ざるそばやかけそばを作ってみてください。

 

「そばが有名な県ってどこ?日本全国から厳選!」はこちら

 

おいしいゆで方のポイント

 

そば屋さんの厨房では、大きな鍋に常に湯が張られ、白い湯気を上げながらぐらぐらしている光景をよく見かけます。

その鍋でそばをゆでているときもあれば、お湯だけが煮立っているときもあります。

 

これはどういうことでしょうか?

 

実はここにこそ「おいしいゆで方」のポイントがあります!

 

「栄養価が高くて風味も豊か!田舎そばが好きになる」はこちら

 

 

通常、そばをゆでるときに大切なのは、「たっぷりのお湯」でゆでることと「お湯の温度を一定にしながら適切な時間」ゆでることの2つだといわれています。

 

そば屋さんで用いられる大きな鍋は、「たっぷりのお湯」でゆでるのにぴったり。

 

かつ、そばが入っていなくても煮立たせ続けることで、実際にそばを入れたときに温度が下がりにくく、「お湯の温度を一定にしながら適切な時間」ゆでることも可能です。

 

自宅でそばをゆでるときにも、このポイントを意識してみましょう。

 

1人前のそばをゆでる際には、2L以上入る鍋を用意します。

鍋を火にかけたら、しっかり沸騰させましょう。

 

ぶくぶくとお湯が泡立つ程度ではなく、ボコボコ、グラグラといった程度まで煮立たせるのがポイントです。

あらかじめ、そばをしめるための冷水(氷水)を準備しておきます。

 

 

そばを鍋に入れてから

 

いよいよこの鍋にそばを入れていきます。

 

そばはバラバラとばらけさせるようにお湯の中に入れましょう。

 

そばを全部入れたらくっつかないように菜箸などでかき混ぜ、袋の表示時間通りまでゆでます。

 

このとき、鍋の中でそばが泳いでいる状態をキープすべく、温度を下げないようにしたいです。

 

吹きこぼれそうになっても差し水はせず、火加減で調整するようにします。

 

時間通りにゆでたらザルに上げ、流水でそば表面のぬめりをとるように、もみ洗いましょう。

 

適度にぬめりが取れたら、冷水か氷水でキュッと締めます。

 

最後に水をよく切って、お皿やザルに盛りつければ完成です。

 

あたたかいそばであっても、基本的には冷水で締める工程はスキップしないように。

 

締めることでキュッと角の立った、舌ざわり、喉越しのいいそばに仕上がります。

 

なお、出雲そばのひとつ「釜揚げそば」はあえて冷水で締めず、ゆで上がったそばをそのまま器に盛ります。

少しとろみのあるそばに仕上がり、これはこれでまた違ったおいしさがあります。

 

「出雲大社参拝の歴史と寄り添う「釜揚げそば」。香りも風味も抜群のアツアツな一杯!」はこちら

 

 

乾麺を生麺のようにゆでる方法

 

「そばの乾麺をおいしく食べるコツ!」はこちら

 

乾麺なのに生麺のような食感にゆで上げる、少し変わった方法をご紹介。

 

まず大きめのボウルにたっぷりの水を入れ、そこに乾麺を入れます。15分〜20分浸し続けたら、あとは通常のゆで方で袋の表示通りゆでるだけです。

 

ゆで方に気をつけるだけで、そばはぐっとおいしくなります。

おいしいおそばを手に入れたら、ぜひ今回ご紹介したゆで方を試してみてくださいね!