「ざるそば」と「もりそば」の明確な違いってある?

「ざるそば」と「もりそば」の明確な違いってある?

歴史をひもとくと意外な事実が見えてきた!

 

 

「ざるそば」「もりそば」、おそば屋さんのメニューでどちらも目にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

のりがあるかないかで呼び方が変わる、というのが一般的なポイントですが、それ以外にも違いはあるのでしょうか。

 

 

ざるそばともりそばは薬味が違う? それともそばつゆ??

 

ざるそばともりそばはどちらも冷たいそばであり、そばつゆにつけて食べる“つけそば”スタイルです。

 

ではなぜ呼び名が違い、どちらも一般的な言葉としてとても流通しているのか気になるところ。

薬味に何か違いがある? それともそばつゆの濃さにポイントが? はたまた十割か二八か、挽きぐるみか更科かで変わる??

などつい勘ぐってしまいますが、じつはざるそばともりそばは、薬味もつゆもそば打ち方法もほとんど変わらないのが現状なのです!

 

なぜこのように呼び名が変わっているのか?

 

これには、そばが歩んできた歴史がかかわってきます。

 

まずは「もりそば」から誕生した

 

 

そばの誕生初期は、そば粉を練って団子状にし、蒸して食べる「そばがき」が一般的でした。

 

その後、そばがきを細く切り、麺状にして食べるように進化。

 

これを「そば切り」と呼び、江戸時代には現代のようにつけ汁につけて食べるのが定着していきました。

 

そんな中せっかちな江戸っ子たちが、つけ汁をつける手間を短縮したいと、つゆをそばに直接かけて食べる「ぶっかけそば」を考案。

これが普及し、昔ながらのつけ汁スタイルとぶっかけスタイルを分けるべく、つけ汁スタイルを「もりそば」と呼ぶようになったのだそうです。

 

 

「ざるそば」が生まれたのはブランディングのため?

 

ざるそばが登場したのはもりそばが生まれた後のこと。

 

発祥は東京にあったとあるそば屋さんだといわれています。

 

このおそば屋さんが、これまで食べられていたもりそばとは異なるイメージで打ち出したいと考えたようで、竹ざるにそばを盛って「ざるそば」として提供。

このざるそばが人気となり、ほかのお店も真似して次第にざるそばが定着していったようです。

 

 

 

 

ざるそばともりそばの違いは、誕生初期はほとんど竹ざるを使うか否かのみでしたが、それが変わっていったのが明治以降。

 

もりそばよりざるそばのほうがより高級志向という認識がなされた結果、ざるそばのつけ汁にみりんを用いてコクを出したり、そばの実の中心のみを使って仕上げる更科そばスタイルにして上品に仕上げたりと、工夫がなされるようになりました。

 

さらに見た目でもざるそばともりそばがすぐに区別できるよう、ざるそばの上にのりをかけて提供するようにもなったそうです。

 

なお、現在ではざるそばももりそばも材料や味に違いはほとんどなく、区別していないお店も多いです。

また地域によっても異なり、西日本ではどちらも「ざるそば」と呼ぶことが多く、北海道や関東甲信越では使い分けている割合が多いという結果も出ています。(参照元:NHK放送文化研究所https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/139.html

 

 

味自体はさほど違いはないものの、竹ざるに盛られたそばは涼やかで見た目にも楽しいものです。

そば好きの間ではのりをかけるとそばの香りを感じにくくなる、という見解もあるようですが、のりとそばとは本来ベストマッチ!

 

ざるそばももりそばも、風味のハーモニーを楽しみながらつるっとおいしくいただきたいものですね。

 

 

日本各所の美味しいおそばをご紹介

 

白河そば:福島県で食べられる「白河そば」のルーツや特徴について。

深大寺そば:東京・調布のご当地そば!「深大寺そば」を食べてひと息つこう

出石そば:“但馬の小京都”兵庫県・出石町で食べられる「出石そば」

越前そば:福井県の郷土料理「越前そば」

へぎそば:新潟・魚沼のへぎそばは、つなぎも薬味もひと味違う?